エイプ復活計画 その4 お化粧直し

エイプ

 ボチボチとエイプを直しております。今回はお化粧直しです。
 車体の気になる錆び取りや塗装を行いたいと思います。ジャッキアップしてタイヤなんかを外していきます。

 まずは、錆びの処理から。
↓所々に出ている錆をワイヤブラシや紙やすりで落とした後に、赤錆転換防錆剤を塗って進行の遅い黒錆びにしておくと長期のメンテナンスが楽になりますね。・・・本当は錆びさせないように様にすることが大切なんですがね・・・。

転換剤を使うときは別容器に使う分だけを移して使います。

錆が出ているところへ塗っていきます。しばらくすると黒く変色してきます。その後に黒の塗料を塗ります。地味な作業です。

↓錆びのひどかったサイドスタンド部分です。ペーパーがけして転換剤をぬりぬり。10分ほどで黒くなってきました。

↓脱脂後に黒塗料を筆塗りします。この塗料はさび止め成分も入っているのでより強靭に錆を止めてくれると思います。

 取り外したホイールも錆をワイヤーブラシで落として、転換剤をぬりぬり。

↓錆び処理後に、ホイールを綺麗に脱脂してマスキングをしたら、ホイール用のスプレー塗料で塗装します。「つや消しの黒」にしました。

↓ホイールが綺麗に塗れました。しっとりとした黒色です。イイ感じだわ。やる気出てきた。

 さてさてお次はフロントフォークのお色直をしましょうね。

 フォークの塗装を剥いでいきます。汚れやアルミの錆でひどい状況です。
 そんな時の塗料剥ぎと錆落しにはこの道具イイです。↓「クロスサンダー」。近くのホームセンターで入手しました。アタッチメントを使わずにこれ単体で使用すると、曲面に対しても力が掛かり過ぎず、いい感じで表面の塗装を剥いでくれます。

 それからコレ↓もいい仕事してくれます。「EARTH MAN 変速ディスクグラインダー」なんですが、5000円しないぐらいで変速機能が付いています。こういう作業の時は低速回転でやった方が効率がいいですよね。変速機能はホントに便利。安いんで耐久性は気になりますが、そんなに頻繁に使わないからいいでしょう。

黒丸のところが変速ダイヤル。無段階変速

↓一本あたり、ものの5分かからずに塗装剥がし及び下処理完了です。塗装するので、ほどほどの下地。クロスサンダーと変速グラインダーいい仕事してくれます。

↓塗料は、アルミに密着が良さそうなこの塗料にしました。家の門なんかに使うやつですけども、なんか良さげだったので使ってみます。純正の色にも近そうなので・・・、まぁ、俺のバイクだし、ダメだったら塗りなおしということで。

きちんと脱脂して、早速塗ってみましたが、なかなかいい感じ。エンジンもこの塗装でやっちゃおうかな。

 外装にもエンブレムやシールなんかを貼っておきましょう。

 エイプの改修工事、ボチボチと進んでいます。
この四月に、職場の異動で通勤時間が20分ほどのところに勤務地が変わったので、このエイプで通勤しようかなと思ってます。その為にも早く直さねばと、気持ちを入れなおしている今日この頃です。

コメント